腰痛・肩こり

トゥルースリーパーは腰痛・肩こりにどう?

日本人の多くが悩んでいる腰痛や肩こり。腰痛・肩こりと聞くとお年寄りだけの悩みの様な気がしますが、最近は若い方にも増えてきている様です。昔と違ってデスクワークの仕事が増えた事もあり、1日中椅子に座ってパソコンを触っているという方が多いです。

 

座っているだけなら楽と思いがちですが、1日何時間も同じ姿勢でデスクに座るというのは想像以上に肩や腰への負担が発生しています。その為、肩こり・腰痛に悩まされる人が増えてきています。

 

肩こり・腰痛に気づいた時には既に慢性になっているので、ここから治そうとしてもなかなか治す事が出来ません。しかも、肩と腰と言うのは何をしていても負担がかかってしまう為、他の部位に比べてケアしにくいのです。

 

そんな方にお勧めなのがトゥルースリーパー。ちょっと意外かもしれませんが、寝る事で肩や腰に負担がかかっているのをご存知でしょうか。横になると体の圧力が腰に集中します。それによって背骨が歪み、その歪みによって肩のバランスが崩れてしまいますので、体を休める為に寝ているハズが疲れを溜めているわけです。

 

「寝すぎて体が痛い」「寝すぎて頭が痛い」と感じた事があると思いますが、これこそが睡眠による負担の現れです。長時間背骨が歪んだままでいる事によって、腰に体重がかかる事での疲れ、そして肩に負担がかかる寝方をしている事で、首・肩の血行が悪くなる事での頭痛が引き起こされます。

 

だからこそトゥルースリーパーがお勧め。トゥルースリーパーは理想的な寝る姿勢をサポートしてくれます。無理のない姿勢で背骨をまっすぐに保ってくれるので寝る事で体に負担がかからなくなります。

 

また、体圧を分散させてカラダ全体を優しく包んでくれるため、コリや疲れ・血行が悪くなるという症状を防いでくれます。その為、肩こり・腰痛を自然と緩和する事が出来るのです。

 

睡眠時間は人によってそれぞれ違いますが大体6〜8時間でしょう。この時間、体に負担がかかった状態という事を思えば、寝る事で腰痛・肩コリが発生するのも頷けます。しかし、体に負担をかける事無く睡眠を取る事が出来れば、日に日に体の調子が良くなるのは説明する間でもないでしょう。

 

背骨の歪みは腰痛・肩こりだけでなく、体の至るところに負担を与えてしまうので「寝ても疲れが取れない」「寝て朝起きると頭痛がする」という方はトゥルースリーパーをベッドに敷いて体に負担をかけない睡眠を取ってみる事をお勧めします。